スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅・紅・黄・緑・白の大雪ぅ~~

今年の紅葉は当たり年らしい。で、紅葉を見に大雪へ
実は今までまともに大雪の紅葉を見たことがなかった。
このあたりの時期に行った気もするが、紅葉ど真ん中ではなかったからか、その年の紅葉がダメだったのか、とにかく写真でしか見たことがなかった真っ赤な山岳紅葉。
今回はやっと燃えるような紅葉に出会えた

初日、高原沼めぐり。

行ったことなかった高原沼めぐり。登山口となるヒグマ情報センターでレクチャーを受けて出発。平坦かと思ったら、少しずつ登りとなる。下の楓はまだ紅葉していなく、ところどころ黄色。
ヤンベ温泉分岐を過ぎ、巨大化した水芭蕉をた~くさん超えて沼へと進む。

滝見沼(滝は見当たらない・・・) 
IMG_6048.jpg

緑の沼全景 (クリックすると写真が大きくなります)
IMG_5995.jpg

同じく緑の沼・ここは紅葉の名所らしい。確かに美しいし、水面に映る景色もビューティホー
IMG_6042.jpg

大学沼からみる東方面
IMG_6013.jpg

途中から見えてくる高根ヶ原
IMG_6006.jpg

緑岳斜面の紅葉も紅い
IMG_6018.jpg

シャトルバスはまだ運行されていないので、駐車場は大混雑。道路脇に駐車。
昨年の大雨で道が崩れて右回りで高原沼手前までしか行けない。
比較的楽な道歩きでこれだけの紅葉に出会えるのはさすが紅葉の名所、大混雑になるのも無理からぬことで、出かけるときはその辺をよ~く考えてから。




次の日は赤岳~黒岳
朝6時層雲峡発の定期運行バスに乗って銀泉台へ。
始発のユースホステル前バス停に20分前に行くと既に並んでいて16番目。
その後も人が来て、始発の段階で6割ほどの席は埋まってしまった。
層雲峡バスセンター前も長蛇の列で、その段階で59名。勿論立っている人もたくさんいる。

この時期は銀泉台はシャトルバスの運行になっているので、通常は直通のこの定期バスもいったんレイクサイドに寄る。
しかし、これ以上乗せられないとの判断で結局はこのまま銀泉台へ。
レイクサイドの駐車所は既に7割ちかく埋まっているような感じ。

銀泉台着いて入山届けに記帳。係の方が「今年の紅葉はいいよ~最高だよ!!」と嬉しそうに案内している。
今日第2便となるこのバス、1便目のバスも、満員だろうから・・・これでもう120人ほどの入山。
30分おきのレイクサイドからのバスでこの先いったい何人銀泉台から入山するのか・・・

あ~、とっとと行かなくちゃ。

ところが、第一花園が見えるあたりにくると、紅葉が紅くて・・・足が前に進まない。
 (クリックすると写真が大きくなります)
IMG_6061.jpg

一部拡大すると
IMG_6063.jpg

少し進んで第一花園からの景色  (クリックすると写真が大きくなります)
IMG_6071.jpg

一部拡大
IMG_6072.jpg

みんな足を止めて写真をとったり、見とれたり、なかなか足が進んでいかない。

第一雪渓を超えて
IMG_6082.jpg

奥の平へ。
IMG_6087.jpg

IMG_6093.jpg

コマクサ平を超え、第三雪渓へ。このあたりが一番良かったように思う。
回り込んだ先から見える景色。
IMG_6114.jpg

燃える色の中、ルート中一番の登りを
IMG_6133.jpg

ナナカマドの微妙に色が異なる紅とオレンジ色が・・・なかなかスマホでうまく取れない
IMG_6136.jpg

赤岳のP到着。縦走のルートは残念ながら紅葉を終わっているようだ

白雲分岐へ向かう途中、雲海の上に顔を出した忠別岳とトムラ
IMG_6160.jpg

北海岳へと向かう縦走ルートは既に紅葉は終わっていたが、少し高度が下がったあたりの斜面は綺麗に紅葉していた。
自然って正直だな~
さすがにお花はないので、ちょっと火山帯のような道をザクザク進む。
ここに入るとさすがに人が少ない、静かな歩きが楽しい

このルートを歩くととても目を引く烏帽子岳。
キナバルの看板ピークのサウスピークに似ている、かっこいい
IMG_6176.jpg

北海岳に到着。
お鉢の紅葉はちょっと終わりかけで、黒っぽい。 (クリックすると写真が大きくなります)
IMG_6187.jpg

北海沢付近の紅葉はまだ綺麗に色づいていた。
黒岳方面
IMG_6241.jpg

北海沢付近拡大。
IMG_6230.jpg

北海岳を下る途中から見上げた斜面
IMG_6267.jpg

黒岳石室付近の紅葉は少し遅いように感じた。
山頂へ登ると人がゴッサリ。
とっとと下ろうと思ったら、一列に並んで進まない、進まない
無理に追い越しても危ないだろうな~(私ではなく、追い越された方がバランス崩しそうで・・)と、かといって譲ってくれるわけでもなく、自分のことで手いっぱいという感じ。
覚悟を決めて流れのまま~~ゆるゆる下る。

そんな中、黒岳からの下り、マネキ岩付近の紅葉はすぐ間近で圧巻の色だった。
IMG_6303.jpg

二日間、これぞ山の紅葉という風景を満喫しました
今年の紅葉は例年より早いようで、ちょうどピークか、2000メートル付近は既に終わりかけている状況でした。
係の人が今年は最高と言っていたのはそうだったのでしょうね。
スマホできれいに撮れても、ソフトが違う会社でパソコンに取り込むと色が綺麗に出ないのが残念。
やはり、現地で見るのが一番です。

昨年はお花の時期に、今年は同じルートを紅葉の時期に歩きましたが、同じルートでも印象は全く違いました。
どちらも捨てがたく、結構気楽に日帰りできる良いルートです

来年は・・・時期が合えば、銀泉台から高原温泉に抜けてみようかしらん?
シャトルバスがあるからこそできる北海道の屋根大雪のるんるん縦走、あなたもいかがでしょう?

ただ、紅葉の時期、人人人は覚悟してください。ふぅ~~・・・

  J子










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。