長万部岳

平成25年9月7日(土) 薄曇り 長万部岳

メンバ9名と長万部岳に登ってきた。札幌から車で走ること約3時間、舗装されている二股ラジウム温泉から更に5分ほど先の林道ゲートにホンダN BOX+が先着していた。

登山口の林道ゲートから約2キロほど歩くと今は何も残っていないうすゆき荘(避難小屋)のあった場所に着く。ここから右側に七曲りと呼ばれる斜度が抑えられた林道を進んでいくとぱっと景観が広がって鉱山跡に到着する。ここが5合目で、壊れかけていたがベンチがあって格好の休憩所となっている。


(鉱山跡から山頂を眺める)

大正から昭和にかけて国策で作られたという静狩金山は、一時期は小学校も作られるほど栄華を誇っていたが今は標識だけ。同じ境遇にある豊羽鉱山と重なる。よく見ると金色が混じった石が転がっており、ひょっとして金が含まれているのではと、欲を出して持ち帰った(人もいた)。


(もう少しでピークだ)


(立派すぎる看板がありました)

鉱山跡から沢地形の登山道、砂礫の急斜面を経て、尾根を登りきりニセピークのその先に山頂の標識が見え、ようやく長万部岳に到着する。我々パーティで独占した山頂で記念撮影し、N井さんの植物解説を聞きながら下山した。

〔コースタイム〕
林道ゲート9:00 うすゆき荘跡9:40 鉱山跡10:30 稜線11:00 山頂11:30
山頂12:00 鉱山跡12:50 うすゆき荘跡13:30 林道ゲート14:00

(たかたか記)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス