三峰山沢

平成25年8月31日(土) 曇
メンバー L:会員外 M:Tadoさん、Y子さん、私(計4名)

週末の天気予報は全道的に雨だった。半ば山行は諦めていたが、天気が持ちそうな富良野の沢に行くことになった。

岩見沢ICに5時集合、ヒュッテバーテンかみふらの前に7時到着。1台を夏道登山口にデポし、身支度を整え7時半にスタートした。麓からはガスがかかって山容は全く望めなかったが、ガスの上に出たらしく青空がのぞいている。予想外の天気に一同テンションが上がる。

CIMG0982_1.jpg
(バーテンかみふらの前からの青空)

30分ほど林道を淡々と進む。さらに林道の先のわずかについた踏み跡を辿って藪をかき分け進んだ。
堰堤を2つほど乗り越えた後、いよいよ入渓。すぐに九重の滝が現れる。結構な高度があり、いきなり緊張を強いられる。私はロープを出してもらい慎重に足を運んだ。
その後も小滝が次々現れ飽きさせない。柔らかな朝の日差しとガスに包まれ幻想的な雰囲気の中進んだ。

IMGP6662_1.jpg
(逆光の中を進む)

IMGP6658_1.jpg

次に華雲の滝が現れた。1段目が30m、2段目が10mほどもある。先行グループは左岸の巻道を行ったが、Y子さんの「直登しないとここへ来た意味がない」とのお言葉を受け、Kリーダーが先頭を登り始めた。続いてTadoさん、Y子さんと続き、最後に私がロープを出してもらって登った。ロープがある安心感で意外とスムーズに登ることができたが、緊張で喉がカラカラになった。

CIMG0992_2.jpg
(華雲の滝とリーダー)

核心の2つの滝を越えたら、あとは淡々と沢を詰めていく。
源頭のお花畑には名前の知らない秋のお花がたくさん咲いていた。エゾルリソウもまだ咲いていた。
IMGP6688_1.jpg

CIMG0997_1.jpg
(エゾルリソウ)

最後に草付きの崖をロープを出してもらって登り、少しだけハイマツを漕ぎ、夏道に出た。
IMGP6698_1.jpg

IMGP6700_1.jpg
(雨と風の富良野岳P)

この後は夏道を風のような速さで下り、15時前には白銀荘の温泉にゆっくり浸かっていた。
久々の沢で緊張の連続だったが、やっぱり山はいいなあとしみじみ感じた山行だった。

☆コースタイム
7:30 バーテンかみふらの発
11:45 富良野岳P
11:50 下山開始
13:30 夏山登山口

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス