オムシャヌプリ(野塚川北東面沢) 2013.08.25 RyoMa

【25日(日)11:00 オムシャヌプリ山頂 着 記念撮影 2枚】
0001頂上にて
0002頂上にて

L:F子、M:J子、Tado、RyoMa

【コースタイム】
24日(土)
13:00 北広島インター
14:00 占冠道の駅(高速:占冠インター降りて)
 (再度、占冠インターで高速道路へ入る。)
16:40 豊似防災ステーション 着
19:00 GN

25日
03:00 GM
03:30 豊似防災ステーション 発
04:30 野塚川林道 最終駐車地点
04:55 駐車地点 発
05:00 入渓
11:00 オムシャヌプリ頂上 着
*上り 6時間05分

11:05 下山開始
15:30 駐車地点 着
*下り 4時間25分

『天気予報は、割れてますが安定はしないようですね。今回はプランBで行きましょう。14:30占冠道の駅で』23日(金)朝7:00リーダーF子さんよりメールあり。プランBでの決行となった。
 プランBとは大樹道の駅で前泊し、25日(日)『オムシャヌプリ(野塚川北東面沢ピストン)』の計画である。ちなみにプランAは24日(土)野塚川C450でテン泊。渓流釣り&焚火の計画で、RyoMa渓流釣りの竿・仕掛け・エサを用意し準備万端であったが残念ながら今回はパスとなった。
 24日(土)J子さん車にて、13:00北広島インターでTadoさんを拾い、リーダーF子さんとの合流地点・占冠道の駅を目指す。天気はやはり不安定で真っ黒い雨雲の下では激しい雨に降られる。1時間ちょっとで占冠インターを降り、「占冠道の駅」でF子さんと合流。F子さん車をデポし、赤のX-TRAILで出発。予定より早く着きそうなので、途中「道の駅・忠類」「JA忠類直売所」に寄り時間をつぶす。

【道の駅・忠類とJA忠類直売所】
001忠類道の駅
002忠類直売所

 16:25ころ、テン場予定の「道の駅・コスモール大樹」に到着。ショッピングセンターも併設されており、とても駐車場にテントを張る雰囲気ではない。
003コスモール大樹 004コスモールショッピングセンター

 「道の駅・コスモール大樹」はあきらめて「防災ステーション」を探して車を進める。あった~~。10分ほど先に行くと「豊似防災ステーション(Toyoni Prevention of Road Disaster Center)」の大きな看板が見えた。 駐車場も広い(だだっ広いと言ったほうが適切か!)し、トイレも24時間利用できる。テン場はここに決定である。それぞれコンビニで買ってきたお弁当を食べ、お酒を少々嗜み、19:00にはGN~♪♪

だだっ広い駐車場】
005だだっ広い

【24時間利用できるトイレもある】
006トイレ24時間

【テント設営し、中で夕食】
007テント&車
008テント内・食事

 25日(日)3:00GM。外は真っ暗、霧雨。さっとテントをたたみ車のなかで朝食をすませ、3:30に出発する。約1時間ほどで野塚川林道最終の駐車地点に到着。

【4:30 まだ暗い中、最終駐車地点に到着】
009まだ暗い4:30

最後の10~15分ほどは、RV車でないととても通れそうにない。両側から笹が覆いかぶさっていて道とは言えない道を進むのである。車は我々の車のみであった。

【4:55準備完了し、やっと明るくなった中を出発】
010明るくなり4:55出発

【5分ほどで入渓地点へ。(5:00)】011入渓5:00

入渓から1時間ちょっと、滝もなくただただ沢歩きが続く。
 6:07 野塚川C570二股でテン泊していた「えぞ山岳会(Ezo Alpine Club)」の3人と出会う。今回の山行で他のパーティーに出会ったのは、後にも先にもこの3人の方たちだけであった。これからオムシャヌプリ頂上に登り、上二股の沢を下り翠明橋の駐車地点へ戻るとのこと。
【えぞ山岳会(Ezo Alpine Club)のHPよりコース&コースタイムをコピーさせていただきました。8/24 7:30翠明橋P-8:00入渓(ニオベツ川C540:野塚トンネル入口電機室裏)-9:30C930二股-10:45野塚岳11:15-13:10野塚川C570二股:C1 8/25 6:25C1-9:30オムシャヌプリ9:40-(上二股の沢)-12:00翠明橋P】*本文には「天場に着いて・・・釣りに勤(いそ)しむ。型は小さいが入れ食いに近い。」とあり、焚火の中にイワナが美味しそうに焼けている写真がアップされている。おおお~我々もイワナの塩焼き食べたかった!!(プランA) 6:16 F1。ここから次々と大小の滝が待ち受けていました。
*3~4つ目の滝で3人に追いつかれ、先に登ってもらいました。

IMGA0031・6:17
IMGA0036・6:24
IMGA0037・6:27
IMGA0045・6:33
IMGA0055・7:11
IMGA0086・8:56どうやって登ろうかな

【9:25 Tadoさんの太ももが悲鳴をあげる】IMGA0093・9:25ふとももが悲鳴を!

 しばらく休んで回復を待ってスタート。上を見ると雨は大丈夫のようだが、ガスがかかってきている。

【10:15 源頭から続くロックガーデンを登り稜線へ向う】
IMGA0103・910:19
IMGA0107・910:31

 11:00 オムシャヌプリ山頂 着。ガスっていて、残念ながらまったく周りの景色は見えず。記念撮影をして早々に下山開始(11:05)。
0001頂上にて
0002頂上にて

 オムシャヌプリと東峰の中間地点のコルまで下り、そこから北東面沢へ。下りで2回懸垂下降し、15:30駐車地点に戻った。
IMGA0118・913:16
IMGA0125・914:15
IMGA0129・915:32

ナウマン温泉ホテルarco236で汗を流し、札幌へと向かった。
今回我々にはクリアしなければならない課題があった。J子さんのエクストレイル(X-TRAIL)昨年同時期ジャリ道でパンク。また今年の7月会山行ニセカウのジャリ道でもパンク。今回も長いジャリ道があるので、3度目のパンクを起こしてはならない。帰りのジャリ道もJ子さんゆっくり慎重に運転し、アスファルト道路に出た。課題を無事クリアしたことをご報告し、今回のブログを締めさせていただきます。
m(__)m


 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス