fc2ブログ

幌尻岳(新冠コース)

平成25年8月16日(金)~18日(日) 幌尻岳から戸蔦別岳直下まで

先週末、W田さん、RyoMaさん、J西さんと新冠ダム側から幌尻岳に登ってきた。何日も前からチェックしていた天気も降雨確率50パーセント前後の予報が続くなか、とにかく現地にということで早朝6時に自宅を出発して新冠に向かった。そんなみんなの願いが伝わったのか、日高道を出る辺りで青空が広がってきた。

幌尻岳への代表的なアプローチは、豊糠からシャトルバスに乗り額平川を遡行する額平川コース、新冠ダムから奥新冠ダムまでの林道をいく新冠川コース、チロロ林道からヌカビラ岳~北戸蔦別岳~戸蔦別岳の稜線を行く戸蔦別岳コースがあり、新冠コースは夏山ガイドで最も登り易いコースとして紹介されてはいるが、片道17.5キロ【イドンナップ山荘から新冠ポロシリ山荘までが、19キロ。イドンナップ山荘から北電ゲートまで約1.5キロあり、車は北電ゲート前の空きスペース(車12~13台はOK)に駐車できるので、実際の林道歩きは片道17.5キロ。】もの林道歩きはけっして容易ではない。泊り装備を背負っての林道歩きに、行き5時間10分、帰り4時間20分かかった。

(GPSログ)
幌尻岳


(イドンナップ山荘)
002.jpg

(中をちょっと拝見)
003.jpg
004.jpg
005.jpg


16日 曇りのち雨

砂利道40キロもの林道を走り新冠ダムの奥にある北電ゲートに到着すると、驚いたことにすでに車が10台ほど止まっていて、下山してきたばかりの人たちが挨拶を交わしながら帰っていった。当日、同じ頃に到着した千葉から来たという単独男性と同時に出発した。その人とは幌尻岳までほぼ行動を共にした。

(10:00 北電ゲートから、いざ出発)
006.jpg


林道歩きを始めてしばらく行くとネットで有名な”いこい橋”が現れる。なるほど、橋の外側までせり出したゲートは、簡単には通さないよと自己主張しているようだ。現に通過できなかったと思われる自転車が一台ゲート手前に放置されていた。

(いこい橋のゲートをくぐり抜けた)
007・1


いこい橋を過ぎた頃から雨が降り始め、新冠ポロシリ山荘まで断続的に雨は降り続けた。

009.jpg


林道は平たんではなく勾配のきついアップダウンが連続し、重い荷物を背負っての5時間を超える林道歩きは体力を消耗する。ひたすら歩いて15時過ぎに奥新冠ダムに到着した。

(奥新冠ダム)
010.jpg


奥新冠ダムから新冠ポロシリ山荘までは更に傾斜が増し、山荘に到着したときには全身汗びっしょりとなっていた。

(やっと『新冠ポロシリ山荘』に到着!重い泊り装備を背負っての、5時間10分の林道歩きはきつい~)
012.jpg


当日の山荘宿泊は、当日に幌尻岳を登頂した5名と我々4名、それと千葉からの単独男性の10名、空き々の山荘を我がもの顔で利用した。滅多に車で入ってくることができない割には、山荘はきれいに維持されており、多少汚いがトイレもあり、山荘内の炊事場には沢から引いた水が流れていた。味は保証しないことを前提に引き受けた食当は、前回山行の反省を踏まえてレシピを変えた野菜炒めとアルファ米でなんとか役目を果たした。持参したアルコールで更けゆく夜を過ごして、8時前には床についた。
013.jpg


17日 曇り時々雨
朝3時に起床、真夜中から断続的に降り続いていた雨は降り止まず、今日は停滞日かと暗雲が立ち込めたが、明るくなってきた4時過ぎには雨も上がり、大急ぎで準備し5時前に幌尻岳に向けて出発した。登山道は幌尻川に沿っており、笹が生い茂っているが道を見失うようなことはなく、1ヶ所ある渡渉も水量が多くなくまったく問題ない。尾根に続く登山道には、見晴台、中間点、水場、お花畑、大岩といった標識が付けられており、よく整備された登山道といった印象である。

0142.jpg
0143.jpg
0144.jpg
0145.jpg
016大岩


C1600付近の水場で水分補給すると、いよいよ急登の連続となる。それと共に我が身のガス欠状態が現れ始め、みんなに待ってもらいながらの苦しい登りとなり、最後は青息吐息状態でガスで何も見えない幌尻岳山頂に到着した。

(08:45 「新冠コース」と「振内コース」(=「額平川コース」)の合流点;ここから10分強で頂上だ~)
017分岐

(09:05『幌尻岳』頂上到着)
018ピーク

だが今回はこれで終わりではなく戸蔦別岳まで足を延ばす予定となっている。内心はここで終わりとして欲しいと弱気な気持ちもあったが、15分ほどの休憩の後に気合いを入れ直して戸蔦別岳方面に向かった。

(ガスのなか『戸蔦別岳』へ向う)
019戸蔦別岳へ

強風が吹き荒れる稜線上を進み、真横に七つ沼カールが見えるはずのコルまできて戸蔦別岳に距離にして400メートル(標高差200メートル)まで迫っていたが、疲れが限界にきていたためギブアップを宣言した。そしてリーダの判断で今回の山行はここまでとなった。(メンバのみなさん申し訳ありませんでした)ちょうどその時になってガスが切れてきて、いきなり七つ沼の姿が目の前に現れた。ここまで頑張ったお土産をくれたのかもしれない。

(とつぜんガスが切れ、七つ沼の姿が!!)
020七つ沼カール

標高差300メートルを登り返して再び幌尻岳に戻ったがそこには誰もいなかった。風も吹き荒れていたため山頂をそのまま通過して下山していくと、途中で大阪から来たという3名の登山者と出会った。その頃から雨も降り始め足元がぐちゃぐちゃ状態になりながら16時頃に山荘に到着した。

(16:00 やっと『新冠ポロシリ山荘』に戻った)
021やっと山荘へ

我々だけになって雨で濡れた衣類が部屋中に吊るされた2階でボンカレーと卵スープで夕食をとり7時には就寝した。

18日 雨
5時に起き片づけして6時に山荘を後にした。最後の林道歩きは惨憺たるもので、すぐに降り始めた雨は次第に強くなり、

(ずっと降り続いた雨。ときおりこのような強い雨に!!)
022ずっと雨降り


濡れねずみ状態で登山口に到着し今回の山行を終了した。

(10:20 濡れねずみ状態で、やっと北電ゲートに到着)
023やっとゲートに到着


帰り道、新冠レコードの湯で3日間の汚れと汗を流して今回の山行を振り返った。

装備について
今回は長靴を採用したが、終始雨模様だった今回の山行では、それは正しい選択ではなかった。岩場では滑り易いし、長い林道のダラダラ下りで爪がやられてしまったり、ズボンの裾から入り込む雨水でぐしゃぐしゃ、そんな状態の長時間歩行で靴の中が破れた。よかったのは、水溜りを避けずに歩けたこと、たった1ヶ所の渡渉を気にせずに通過できたことだけ。秀岳荘で買った高価な長靴も今回限りでゴミ箱行きになりそうだ。(たかたか)

P.S 同行メンバのみなさん、足りないところを補足願います。

「お花畑」から「戸蔦別岳直下」までに咲いていたお花たち(RyoMa)
*ほとんどのお花の名前は札幌のOさんに写真を見ていただき、教えてもらいました。札幌のOさん ありがとうございます。


【コバイケイソウ(小梅蕙草 大型の有毒植物】
花コバイケイソウ053

【エゾシオガマ(蝦夷塩釜)】
花エゾシオガマ055

【チシマフウロ(千島風露)】
花チシマフウロ059

【チシマフウロ(千島風露)】のアルビノ種
花チシマフウロ・アルビノ種068

【エゾツツジ(蝦夷躑躅)】
花エゾツツジ064

【エゾウサギギク(蝦夷兎菊)】
花エゾウサギギク070

【イワブクロ(岩袋)】
花イワブクロ075

【チシマヒョウタンボク(千島瓢箪木)】の実
花チシマヒョウタンボクの実077

【ミヤマアキノキリンソウ(深山秋麒麟草)】別名【コガネギク(黄金菊)】
花コガネギク109

【ナガバキタアザミ(長葉北薊)】
花ナガバキタアザミ113

〔コースタイム〕
16日(金)ジャリ道走行40km
09:40 イドンナップ山荘(中をちょっと拝見)
10:00 ゲートくぐり出発
10:45 いこい橋 通過
14:15 奥新冠ダム 通過
14:30 岩清水で水を取る
14:40 「ポロシリ山荘まで2km」の看板
15:10 新冠ポロシリ山荘 着
*17.5kmの林道歩き-5時間10分

17日(土)
03:00 起床(04:00出発予定だが、雨も降っていて明るくなるまで出発を遅らす。)
04:50 新冠ポロシリ山荘 出発
06:30 「見晴台」の看板 通過
06:40 「中間点」の看板 通過
07:20 水場 着(冷たい渓流の水を飲み&補給)
07:50 「お花畑」の看板 通過
08:40 「大岩」 通過
08:45 「新冠コース」と「振内コース」(=「額平川コース」)合流点(分岐点):ここで10分ほど休憩
09:05 幌尻岳頂上 着【『新冠ポロシリ山荘』から4時間15分】(15分 休憩)
09:20 戸蔦別岳に向けて出発(*雨のため出発時間が約1時間ほど遅れたため、11:00行動停止時間とする)
10:50 『戸蔦別岳』直下のコル着【『幌尻岳』から1時間30分】ここで引き返すことに!(最後の登りを残す地点。一瞬ガスが晴れ七つ沼カールが見えた。)
11:00 出発
12:50 幌尻岳頂上に戻る【帰りは1時間50分】休憩せず、そのまま下山開始
13:00 「新冠コース」と「振内コース」(=「額平川コース」)分岐点(合流点):ここで5分ほど休憩
13:40 水場 着(再び、冷たい渓流の水を飲み&補給)
14:08 「中間点」の看板 通過
14:16 「見晴台」の看板 通過
16:00 新冠ポロシリ山荘 着【『幌尻岳』からの帰りは3時間10分】

18日(日)
04:20 起床
05:05 朝食
06:00 新冠ポロシリ山荘 出発
06:30 「ポロシリ山荘まで2km」の看板 通過
06:34 道を間違ってダムへの道を下りる。行き止まり。
06:37 正規の道へ戻る。
06:40 奥新冠ダム 通過
09:30 いこい橋 通過
10:20 駐車場 着
*17.5kmの林道歩き-4時間20分


スポンサーサイト



コメント

それは大変でしたね!

たかたかさ~ん、返信コメント有難うございます。

>ちょうどその頃、私たちの会では大変な出来事があって・・・
11月下旬と言うと、雪山での遭難だったのでしょうか?
そんな大変な中、お忙しいのにコメント有難うございました。

私のHPも見て下さったそうで、有難うございま~すi-185
幌尻岳に登る前にたかたかさん達とお会い出来て、新冠コースのことも色々聞けて本当に助かりました。
長い林道も安心して歩くことが出来ました。

そう言えば、お会いした折「大滝さん」のこと聞きましたよね。

山歩きはいつも危険と隣り合わせですもんね!
初心を忘れず、山歩きを続けていきたいと思っています。

北海道の山は、また百名山以外の素晴らしい山があるので歩けたらと思っています。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

Re: 新冠コース

12月初旬にいただいたコメントに気づくことなく、返事が遅れましたことお詫びいたします。
ちょうどその頃、私たちの会では大変な出来事があって、ブログチェックどころではありませんでした。

シジュウカラとカケスさんのHPを拝見し、あのころの記憶がよみがえってきました。山登りを中心に人生を楽しんでおられる様子が伝わってきますね。

あの時は時間切れと体力切れで戸蔦別岳の手前までしか行けませんでしたが、その悔しさが1ケ月後の再度のチャレンジにつながったのかと思っています。幌尻岳に1シーズンに2回も登ることができ、本当に充実したシーズンでした。

大滝さんというかたについては、お会いしたときにご懇意にされているとお話しされておりましたね。ちょっと残念ですが、札幌のOさんはその方ではありません。

わたしは北海道の山しか知りませんが、いつか百名山にチャレンジできればいいなと思います。
それでは、今後ともよろしくお願いいたします。(たかたか)

新冠コース

札幌やまびこ山友会のW田さん、RyoMaさん、J西さんともう一方「たかたかさんかな」、お久し振りで~す!
新冠のレ・コードの湯にて8/18にお会いした「シジュウカラとカケスのやまたび」のカラッチと申します。
その節には新冠コースを歩かれて下山された直後に貴重なお話を聞けて、私達も安心して長い林道や幌尻岳を歩くことが出来ました。
本当に有難うございました~♪

雨の三日間だったそうですが、でもお元気で笑顔で歩いてらっしゃる様子拝見しました。
そんな雨の中、幌尻岳から戸蔦別岳まで距離にして400メートルの所まで歩かれたのですね!
七つ沼も見れてよかったですね。。

そうしてイドンナップ山荘・・・中は綺麗だったのですね~(^^ゞ
私達、イドンナップ山荘前の空き地で車中泊でした。
あんなに綺麗なら中で泊れば良かったって思いました~

その後、9月にチロロ林道から二岐沢~七つ沼カール~幌尻岳と歩かれたのですね。
この時は素晴らしいお天気だったようで良かったですね!

私もやっとこの夏の山旅で歩いた11座・・・百名山最後の幌尻岳までのレポをホームページにアップしました。
拙いレポですが、お暇な折見てやってくださいませ~
そうそう幌尻岳レポの中、林道歩き編でも「札幌やまびこ山友会」さんのブログとリンクさせて頂きました。

それからレポの中でお花の名前を教えて下さった「札幌のOさん」って、札幌市内の大滝さんではないのでしょうか?
もしその方なら、2005年の夏にカラッチ隊が北海道の山を歩いた折、泊めて頂いた方なんですよ。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス