FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンケメクンナイ

8月3日 L J子 M F子 MM子 Tado

DSC02979.jpg

これまで何度か行こうとしてなかなか実現しなかったパンケメクンナイに行ってきました。

前泊地の某公園で、思いかけずいつもブログで拝見しているお二人に会った。
きゃあ~なんか有名人に会ったようでテンション上がります。沢情報を交換したり、お話を聞いたりで勉強なりました。後から思い返すと、パンケメクンナイの一番の収穫はまさにこのお二人に会えたことだと確信しています。いつかご一緒できるといいなあ~


さてさて、本題の沢はと言うと、今年の沢では何度か水量に痛い目に遭わされているので、かなり警戒していたのですが、少し多い程度かな?という感じで良かった良かった。

走りやすい林道の終点に車を置き出発。そこから続いている林道は入り口がちょっと狭い感じだけれどRVであれば行けそうで、最後に広い整備された場所がある。ここまで歩いて約20分、そこから第2号堰堤と書かれている堰堤脇から入渓。
DSC02913.jpgDSC02914.jpg


少しへつったりしながら、50分ほどで下二股へ到着。あら~右の滝ちょっと迫力あるかしらん・・・と思いながら左を通過。DSC02922 (1)DSC02928 (1)DSC02929.jpg


そしてその後から名高い巨大7堰堤の始まり。最初は右だけれど、後は全部左。あ~つまらない。
DSC02935 (1)


堰堤を越えてようやく沢らしくなる。こうでなくちゃね!!DSC02941.jpg


ドキドキしながらたどり着いた、核心と言われるF5。下からは3段目は見えない。1段目は右をあがりさて2段目。今日の水量ならなんとか行けそう~?残置ハーケンも利用して左から抜ける。事前情報の通り落ち口は水流に足を入れないと行けそうにない。恐る恐る足を入れると足下はしっかりしていた。でもその後その足を抜くときが・・・足を浮かしたとたんに持って行かれそうでちょっと怖かった。3段目登れそうであら?私なんかスタンス読めない!!怖くて行けない~~!!泣き入れてTadoに変わって抜けてもらいました。下から見ていてあ~そうか~、あ~いう風にいくのか~。でも行ったらやっぱり怖かった(泣)DSC02946.jpg


その上のF6。F5で少しからだが冷えて水に入るのがイヤでこれは左を巻き、懸垂。DSC02951.jpg

遠目からも白く流れ落ちる様が美しい大滝F7。あたりにはまだ巨大雪渓の残骸が残ってる。これは右から。DSC02956.jpgDSC02961.jpgDSC02962.jpg


その後のF8からF11はどれもなんということもなく登れます。



最後の大滝F12が見えてきました。DSC02975.jpgDSC02981.jpg
右の草つきから上がっているのは判るのですが、どうもずるずるしそうでいやらしい。草つきすぐ横の岩を登りました。これが良かったのか悪かったのか・・・・難しい登りではないのですが、落ちると高いので支点を作りながらの作業となり、思いがけず時間がかかってしまい・・・・。上へ上がってからの藪こぎは沢から離れないように漕いで大成功。10分位で藪から脱出し、F13前へ着地。しかし、この1連の巻きに1時間かかり、セオリー通りに草つきを上がった方が良かったのではないかと反省。皆が行っているルートはやはり確実ルートだということなのでしょう。また、勉強でした。

F13は左から登りました。DSC02982.jpgDSC02984.jpg


そしてようやく湿原へ・・・癒しの空間です。花が綺麗!!DSC02989.jpgDSC02988.jpg


3時5分目国内岳Pへ到着し、下山すると時間は4時35分。車からの行動開始からぴったり12時間!!
沢行動時間8時間45分・・・ん~んこれをどう判断したらいいのか、F5クリアに費やした時間は1時間20分。4人の人数を考えるとこれは今の実力かと思う。やはりF6の髙巻きとF12の処理に問題があったといわざるを得ないのかなあ~~(ウツウツ)

これに懲りずに沢チャレンジ!!


しかしね~目国内のPであさっての方向を見てあれが源頭の湿原だと思っていた某二人は!!
思わずオバカ!!と罵倒したくなる
BYJ子

バカ1号です。きっと二人はウツクシイ湿原に惑わされていたのでしょう。
それにしても平山のナキウサギの一件といい、我々失態続きですなあTadoさん(←あ、ばらしちゃった)

これに懲りずに沢チャレンジ!!(F)

スポンサーサイト

コメント

No title

そうですね・・・行けないと思うと行けなくなるものですわ。まあ、誰かに行ってもらって楽できれば~~(笑)J子

No title

やまびこの皆さんお疲れさまでした。
前日の情報交換楽しく過ごせました(^-^)
F5の3段目はてっきりJ子さんがリードすると想像していたのですがTadoさんだったのですね。凄い人だったのですね
J子さんの怖いがうれしく?思います。私も怖いです(笑)

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。