FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美幌岳~広尾岳~ピロロ岳~楽古岳縦走

平成25年5月3日  曇~雪 美幌岳
5月4日 晴れ~曇 広尾岳
5月5日 晴れ~曇 ピロロ岳~ポン楽古岳~楽古岳
メンバー L山さん、まささん、かなさん、くりさん(以上会員外)、ゆうこさん、私

今年の連休は山さんチームの山行に参加させてもらうことになった。山さんは〇YMLではお馴染みの山の達人である。山を始めて間もない私がはたして強者ぞろいのメンバーの皆さんについていけるのか、緊張の中で当日を迎えた。

5月2日、仕事を終えて車に飛び乗り、一路浦河へ向かう。車中はゆうこさんと私の二人、山の話その他のよもやま話が飛び交い退屈しない。そうこうしているうちに22:00頃、天馬海道の除雪ステーション駐車場に到着した。くりさんを加え車中で軽く安着祝いをしてそのまま24:00過ぎに就寝した。

3日5:00起床、いよいよ今回山行の幕開けである。まずは下山先である楽古山荘に2台の車をデポし、それから登山口の広尾に向かった。
 広尾の東広尾川林道は雪解けが進んでおり、途中2か所で除雪をしながら、林道終点まで1㎞ほどのところまで入ることができた。
 身支度を整え9:00林道を出発した。今回山行のために購入したSCARPAの登山靴がまだ足に馴染まない。天気は曇り、時折、みぞれのような湿った雪がちらつきウェアをどんどん濡らしていった。                                                   
 藪をかき分け尾根に取り付く。進むにつれ、すっかり雪解けが進んだ下界から、徐々に雪山の世界へと戻っていく。雪は締まっておりワカンを使うほどではなかった。しかしこの日は終始視界が悪く、泊り装備にアイゼンピッケルの重いザックを背負って我慢の山行が続いた。
 14:00美幌岳P着。ガスで視界がきかず早々に後にした。15:00テンバ着。整地しブロックを積み上げ、皆でテンバづくりに精を出す。お陰で快適なテンバとなった。テントに入ってビールで乾杯したものの、びしょ濡れの体がさらに冷えてしまい、ガタガタ震えながらの夜を過ごすこととなった。

P5040039_1.jpg
(1日目のテンバ)

 4日3:30起床。寒さで少し寝不足気味の朝を迎えた。昨日までの風は止み、穏やかな天気のようだ。テントの外から「朝焼けが綺麗だ」「月が見える」等の弾んだ声が聞こえてくる。ゆっくりと支度を整え、6:00にテンバを後にした。

 昨日とはうって変わり、爽やかな青空が広がっている。一気にテンションが上がる。「南日高を歩いているんだ」という歓びがふつふつと湧き上がってくる。スタート時はツボ足だったが、ほどなく硬く締まった急斜面の登りを前に、山さんから「アイゼンを装着しよう」と声がかかった。以降、アイゼンで行動することとなった。
P5040078_1.jpg
(日高山脈をバックに)

 青空が広がったのは朝の数時間だけで広尾岳分岐に差しかかる頃には、濃いガスが立ち込めてしまった。それでもせっかく来たのだからと広尾岳を空身でピストンすることにした。
 1時間で広尾岳分岐に戻り、再び重いザックを背負って先を目指した。視界のきかない中、アップダウンを繰り返しながらc1221、c1188と越えていく。細尾根の岩稜帯を手足を目一杯に使って進んでいった。
 岩稜帯を過ぎたあたりのピロロ岳直前の平坦地を2日目のテンバとすることにした。2日目はさほど濡れずにすんだことと風もなかったことから、安心してかなさん特製のスープカレーに舌鼓を打った。眼下に広がる広尾の町の灯りに翌日の好天が期待された。

 5日3:30起床。期待どおりの青空。波がなく鏡のように穏やかな太平洋から南日高の山々までぐるりと360°の素晴らしい展望が広がっている。皆、嬉しさに歓声があがる。スポットライトのように日が差し山を白く輝かせ、息を飲むような美しさだった。
IMGP5845.jpg
(広尾漁港と朝日)

IMGP5848.jpg
(南日高の山々をバックにテンバ)

 5:30テンバ発。素晴らしい景色を堪能しながら進んでいく。朝の硬い雪面にアイゼンが刺さる「ザクッ、ザクッ」という音が耳に心地よい。
IMGP5853.jpg

IMGP5858.jpg

IMGP5869.jpg

 ポン楽古、楽古の急登を前に、皆さん軽々と、時には鼻歌を口ずさみながら進んでいく。私はと言えば、1歩ずつ1歩ずつ足を運ぶのが精いっぱい、スピードについていけない。もっとトレーニングしなければと考えさせられる。それでも最後尾を歩きながらなんとかピークを踏むことができた。
 楽古岳ピークでは、偶然にも〇YMLのTさん、Yさんパーティーと合流、差し入れの頂上ビールをご馳走になった。
IMGP5887.jpg
(ポン楽古岳ピーク?)

IMGP5894.jpg
(楽古岳を目指して)

IMGP5900.jpg

 楽古岳Pからは、夏道を辿って下りる。頂上近くの急斜面は尻滑りで一気に滑り降りた。中盤以降は雪もなくなり地面が露出していたが、滑って転倒者が続出、今回山行で一番の核心部だった。

IMGP5927.jpg
(尻滑り中)

 そうこうしているうちにメナシュンベツ川まで下り、後はピンクテープに導かれるままに5回ほど渡渉を繰り返したのち、無事、楽古山荘に到着した。素晴らしい景色を堪能した充実感、無事に下りてくることができた安堵感に包まれた。

IMGP5932.jpg
(渡渉中)

 この後は東広尾川林道の車を回収(途中ネギ採取を含む)、ナウマン温泉に浸かって3日間の汗を流し、スーパーで食料調達後、再び楽古山荘に戻り、同山荘にてネギ入りジンギスカンを食べながら朝4時までの大宴会が繰り広げられた。

 車中泊1泊、山中テント泊2泊、楽古山荘1泊の計4泊も行動を共にしたが、振り返ってみるとあっという間の夢のような5日間だった。私の人生の中でも忘れられない一コマとなるであろう素敵な思い出となった。このような機会を与えてくれた山さんをはじめメンバーの皆さん、ゆうこさん、そして山の楽しさを教えてくれた山びこの仲間に感謝したい。

【コースタイム】
5/3
9:00 東広尾川林道発
14:00 美幌岳
15:00 c850テンバ

5/4
3:30 起床
6:00 テンバ発
9:40 広尾岳分岐
10:10 広尾岳
10:40 広尾岳分岐
12:00 c1221
14:00 c1188
14:40 c1200テンバ

5/5
3:30 起床
5:30 テンバ発
5:45 ピロロ岳
7:50 ポン楽古岳
9:15 楽古岳
12:20 楽古山荘着
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。