FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌50山 狭薄山 盤の沢川856m尾根から

2013.4.20  
豊滝の道路情報館近くの盤の沢林道のゲート手前に車を置く。札幌岳への登山道は地図ではかなりの急登なので札幌岳に向かわず、比較的楽そうな856m~1118m~1036m~狭薄山というルートを選んだ。

狭薄山データ



尾根への取り付きは林道と川が交差する所。ここから856mを目指す。
林道から尾根に取りつき目印

856mまでは急斜面が続くが、運のいいことに作業道発見。作業道の距離は短かったが歩きやすくて助かった。856mまでは藪山だが、登りには特に支障ない。ここを過ぎれば比較的緩やかな斜面。
作業道


1036mコルから沢に降りたが途中で吹雪いてきて見通しが悪く現在地が把握しにくい。1158m付近で戻ろうか、取りあえず進もうかと考えていたらスノーシューの男性が歩いてきた。道に迷って叫んでいたという(何となく声は聞こえていたが、助けを求めているのか、話し声なのか分からず、返事はしなかった。)今日の狭薄は4月に入り3度目にしてピークを踏めたとのこと。サクサク歩いて一足先に降りてしまった。
狭薄山直下からスキーをデポしツボで歩く。
狭薄ピークを目指す
ピーク

帰り…思ったよりアップダウン多い。少しルートを変えて、ヒョウタン沼からの稜線に立つと、札幌の街が見えた。やはり、街並みが見えるとホッとする。
856m、最後の下りはシートラで歩く…スキーより早い。ん~、今回はスキーよりスノーシューが良かったのではないか?
シートラ


06:30  林道終点(ゲートの手前)出発
07:05  尾根取り付き(橋)
08:10  856m
10:00  1036m
12:00   狭薄山ピーク
13:40  1036m
15:00  856m
15:50  橋
16:20  車止め着
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。