FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幌天狗(ぽろてんぐ) 2013.03.30~31 RyoMa

『幌天狗~群別岳』(ピストン)を目指すも、あいにくの荒天(強風、吹雪)に阻まれ『幌天狗』ピークより先に進めず、『幌天狗』(ピストン)に終わった。
 メンバーはリーダー・N沢、メンバー・N川、M上、栗K(北見山岳会)、RyoMaの5人
【コースタイム】
30日(土)
08:30 幌川林道・最終除雪地点 出発
13:30 テン場 着
(行動時間 5時間・休憩含む)
31日(日)
04:00 GM
05:40 テン場 出発
06:10 幌天狗 ピーク 着
06:50 テン場 着
07:00 テント片づけ 出発
08:00 シール外す
08:10 滑り始める
10:30 駐車位置 着
(行動時間 4時間50分・休憩&テント片づけ時間含む)

【GPSログ】赤が上り、緑が下り(テン場は一番上の赤と緑の交差地点)
GPS幌天

 最近のRyoMa、山行の最後にイベントが待ち構えていた。『神威岳~烏帽子岳~百松沢山』ではパトカー騒ぎ、直近の『恵比寿山~大黒山』では腕時計置き忘れ事件。(ありゃ~、『鶴亀温泉(余市)』に置き忘れたかと一瞬あせったが、Tさんの車の中に落ちていて、事なきを得た。)今回は最初に起きてしまった。お迎えが来る寸前、「アイゼン」がザックに入っていないことに気づきホットしたのは良かったが、今度は「スキー靴」と「オーバー手袋・目出帽・スパッツ」の入った袋を玄関に置き忘れ、車に積まずそのまま出発。集合場所の石狩市役所駐車場前のコンビニに寄った時点で気が付き、またRyoMa自宅まで引き返す事に。集合時間より30分も前に着いていたので、なんとかギリギリ集合時間(06:30)には間にあったのである。このまま気付かずに「浜益・幌」まで行っていたらと考え、またまたホット胸を撫で下ろした。

 8:00 幌川林道・最終除雪地点 着 天候は曇り・風なし

出発準備中
CIMG1960.jpg

 8:30 計画書どおり 出発(素晴らしい~♪♪)
 順調に進んで行く。ジグザグの林道をカットし1時間40分、520m付近で休憩
CIMG1964.jpg

 11:25 位置確認中。風も強く雪も降りだしてくる。
CIMG1965.jpg

 だらだらとした緩斜面を上る。800mを過ぎたあたりから、ちょっと斜度がきつくなるとカリカリ部分も多くなり、私の両足太ももが悲鳴を上げ出した。情けない~。テン場手前1,000mあたりからの急斜面ではスキーアイゼンが強い味方となった。
 13:30 行動開始してから5時間、テン場 着。風を遮るものはまったくない、吹きっさらしの場所。さっそくテン場を作り始める。スコップで平らにならし、風を遮るためのブロックを積む。雪が風に飛ばされたカリカリ部分から、上質のブロックが切り出され積み上げられる。

 出来上がったブロック壁。素晴らしい~♪♪ 
CIMG1969.jpg

 テントを張り、これから長い長い夜が始まる。14:30
CIMG1971.jpg

 N沢リーダー、美味しい食事ありがとうございます。
 栗Kさん、ビール500CC・10本もここテン場まで担いで持ってきて、みんなに分けていただき、ほんとうに感謝、感謝。(最高20本も持って上がったことがあると聞き、驚きです。)
 テント外では風の音が「ビュービュー」なっている。中では、お酒を飲みながら楽しいひと時、ふた時、み時ほど過ごし。19:30就寝。

 31日・04:00 GM。

出発準備中
IMGP0728.jpg

 05:40 日帰り装備でテン場 出発。
 雪は小降りだが、風強く、ガスっていて視界はすこぶる悪し。

いざ、出発
IMGP0730.jpg

 出発してすぐ、雪も強くなる。ルート旗を立て、『幌天狗』を目指す。
IMGP0731.jpg

 テント出発後30分、06時10分 『幌天狗』ピーク 着。
CIMG1973.jpg

IMGP0732.jpg

 風、雪ともますます強くなり、残念ながら今回は『幌天狗』ピークにて撤退となる。
 ピークから、シールを着けたまま下山開始。
IMGP0739.jpg

 06:50 テント 着
 07:30 テント片づけ 出発
 08:00 シールを外し、滑降 始める。
 昨日、降り積もった7~8cmの新雪、極上のパウダースノーを気持ちよく滑り下りる。斜度は心なし物足りないか・・・いやいや、私にはちょうど良い斜面を楽しく滑り下りてきました。(^_-)-☆
 09:00 予定下山コースより右にずれていることを確認し、予定コースに戻るには2つほど小さな沢型を上り返さなければならないと分かり、そのまま目の前の沢を滑り降り、上ってきたときと違う林道に出ることに。

 現在位置確認し、小休憩して、目の前の沢を滑りることに!!
IMGP0743.jpg

 もうすぐ駐車地点に。下界は風もなく、雪もまったく降っておらず、ときおりお日様が顔を出す。
IMGP0744.jpg

 駐車地点の車の屋根には、まったく雪は積もっていなかった。

 帰り、来週7日(日)会山行『浜益御殿』の駐車地点を確認し札幌へと向かう。


 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。