FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八甲田遠征

◆平成25年3月8日(金)曇りのち吹雪 
酸ヶ湯温泉~仙人岱ヒュッテ~大岳(途中敗退)

◆3月9日(土)吹雪 
仙人岱ヒュッテ~小岳~仙人岱ヒュッテ~大岳~仙人岱ヒュッテ

◆3月10日(日)曇り 
仙人岱ヒュッテ~酸ヶ湯温泉

ひょんなことから参加することになった八甲田山行。総勢9名、山びこからはN川さんと私が参加しました。私にとってはほとんどの方が初対面でしたが、皆さん温かく受け入れてくれて、大変楽しくかつ充実した山行となりました。

3月7日(木)20時苫小牧港集合、21時15分出航。真新しい船内では入浴したり宴会したり、各自気ままに過ごしました。
3月8日(金)4時45分、予定どおり八戸港着。寺リーダーの知り合いのAさんが出迎えてくれます。寺リーダーの車とAさんの車に分乗し、酸ヶ湯へ向かいました。
8時半頃、酸ヶ湯温泉に到着、9:10、仙人岱ヒュッテに向け出発しました。曇り空ですが目指す大岳がはっきり見えます。気温が高くアウターを脱いでも汗が噴き出します。Aさんから周囲の山々の名前を教えてもらいつつ、ゆっくり登って行きました。
IMGP5639.jpg
(仙人岱ヒュッテを目指して)

地獄湯ノ沢を越え、山をひとつ回り込むと、ついに、憧れのスノーモンスターの大群が現れました。まるで白いおとぎの国に迷い込んだよう。皆、歓声を上げて喜んでいました。
P1210206.jpg
(大きさわかります?)

IMGP5644.jpg
(たくさんのモンスターが)

そうこうしているうちに、11:00仙人岱ヒュッテに到着しました。清潔で、随所に使いやすいよう工夫が凝らされたとても居心地の良い小屋でした。
天候の悪化が予想されたので、予定を早め荷物を降ろしてすぐに大岳に出発することにしました。支度を整えヒュッテを出ると、天気が一変、濃いガスが立ち込めています。吹き溜まりによる凸凹を何度も乗り越え、モンスターの間を進んでいきます。途中でスキーをデポし、ツボ足でピークを目指しました。Co1470m付近まで登りましたが、風が強く視界も全く望めないため、12:25行動停止し下山することにしました。シラさんが持参した風速計で測ったところ31mを記録しました。

12:50ヒュッテ着。この後は、我々9名にAさん、さらに寺リーダーの知り合いの青森のNさん、Oさん、Iさんが加わり宴会が始まりました。青森の方々は皆、素朴で謙虚で温かく、八戸名物のしめさばを何種類も集めた「しめさば祭り」、びんのまま担ぎ上げてくれた「菊駒」「くずまきワイン」等、数々の心のこもったもてなしをしてくれました。
IMGP5730.jpg

夜半から風が強くなり小屋がガタガタと揺れていました。9日朝も予報どおりの悪天候。半ば山行は諦めていましたが、青森のOさんが「小岳でもいくか」と声をかけてくれました。その声に道産子6名が反応、ツボ足で小岳を目指しました。標高が上がるにつれ、もの凄い風が吹き荒れます。吹き飛ばされそうになりながら必死に踏ん張り、何とかピークまでたどり着きました。
IMGP5659.jpg
(モンスターの間をぬけて)

IMGP5663.jpg
(ものすごい強風です)

IMGP5665.jpg
(小岳Pにて)

小岳から戻り、ヒュッテで一休みしていると、また青森のOさんから「大岳も行くか」と声がかかりました。今度は道産子陣7名が参加し、12:10ツボ足で大岳に向け出発しました。
小岳よりもさらに風は強くなり、立っているだけで精一杯、一歩を踏み出すことができません。そこを青森のOさんは小走りで登っていきます。私は、ところどころ立っていられず四つ這いで進みました。
IMGP5698.jpg
(風速35m!)

強風で思うように前に進めない私に、N川さんから「風は呼吸している。風が強いときは我慢し、弱くなった隙を狙って前に進むと良い。」「風に体をもたれかけながら進む。」等、風の対処法を教えてくれました。

IMGP5716.jpg
(ようやく登頂、八甲田大岳)

ヒュッテに戻った後は、新たに登ってきた青森の8名の方々と大宴会を繰り広げました。名物せんべい汁をはじめ次から次と出てくる料理の数々、皆で歌った様々な歌・・・、忘れられない思い出となりました。

最終日は、6時前にヒュッテを出発、下山後は酸ヶ湯温泉につかり、濃厚な硫黄の匂いただよう秘湯を満喫しました。その後、寿司を食べたりお土産を買ったりした後、13:00発のフェリーで八戸を後にしました。

今回は天候に恵まれず、悪天候の中の山行となったが、風との付き合い方、凍傷の防止法などを学ぶことができ、結果的に貴重な経験を得ることができた。また、青森の方々の純朴な人柄、心温まるもてなしには、心が洗われるようだった。「人として見習いたい」と思わせる何かがあった。
こういう素敵な出会いを大切にしながら、これからも生きていきたい。

【コースタイム】
<8日(金)>
9:10 酸ヶ湯温泉発
11:00 仙人岱ヒュッテ着
11:35 仙人岱ヒュッテ発
12:25  Co1470行動停止
12:50 仙人岱ヒュッテ着
<9日(土)>
6:00 起床
8:10 仙人岱ヒュッテ発
9:10 小岳P
9:45 仙人岱ヒュッテ着
12:10 仙人岱ヒュッテ発
13:20 大岳P
14:00 仙人岱ヒュッテ着
<10日(日)>
4:00 起床
5:50 仙人岱ヒュッテ発
6:40 酸ヶ湯温泉着
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。