FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上川三山 天幕山

平成25年3月3日(日) 上川三山天幕山

先週末は大変な天候に見舞われた。そのため予定していた計画を日曜日だけに短縮して上川の天幕山に行ってきた。天幕山は上川町の北方に位置する標高1000m程度のローカルな山、突角山、摺鉢山と合わせて上川三山と呼ばれている。メンバは筋金入りの山女子ことM田さん、M子さん、それとT所さんと私の4名。ダメだしされないよう頑張ってきた。

s-IMGP2975.jpg
(山頂の記念撮影に収まるT所さん、M田さん、M子さん)

道央道から愛別上川道路に入り、上川層雲峡ICから国道273号線上川国道の中越橋を過ぎた辺りにある大きな駐車場に到着したのが10時。到着時にあった風も準備をしている間におさまって、出発時はわずかではあるが晴れ間も見えていた。

川を渡渉しなくてもよいところまで国道を戻り両脇が1メートル以上の壁になっている線路を大急ぎで渡って尾根に取り付く。結構な斜面をキックターンを繰り返しながら4人で交代しラッセルする。M子さん、フカフカだー、帰りが楽しみだーと言いながら登っていくが、自分にはこの急斜面への不安が募るばかりで気持ちよく降りていくというイメージがまったくわいてこない。

s-IMGP2965.jpg
(最初の尾根を登るM子さん)

汗をかきながら全行程の3分の1程度の平坦な送電線下に1時間ほどかかって到着。まだまだ先は長い。そこからしばらくは緩斜面の稜線を辿っていくが、微妙にアップダウンがあって帰りの心配が頭をよぎる。

s-IMGP2969.jpg

730Pから林道を横断し858P付近までくると山頂下の樹木のない開放的な斜面が広がる。クラックらしき跡も見られ雪崩の危険が感じられる斜面をわずかに残る樹林帯に沿って登っていく。100歩と決めたラッセルは直ぐに順番が回ってきて、早く山頂に着いてくれと願いながら、山名標識がない丘のような山頂の適当なところをピークとして3時間15分の登りを終了した。

s-IMGP2976.jpg
(だだっ広い山頂付近)

時々晴れ間も垣間見られたが、山座同定できるような天候でなかったため、直ぐにシールを剥がして滑走を開始した。出だしはスキー場のようなオープンバーン、誰も滑っていない真っ白な雪面を気持ちよく降りていく。しかし、良いことばかりではない。中間地点で止まろうとしたときに前のめりになりアキレス腱が伸びきったような状態のまま、頭上のリュックの重みも手伝って一人では脱出できない状態になってしまった。もがいている最中にメンバにスキーを外してもらってやっと脱出。そこで教訓、リュックザックの下のバックルはしっかりと締める。(雪崩対策の面からどうかとも思うが)

s-13030 天幕山 001

オープン斜面を下りると登り返しが待っていた。50mほどではあったがスキーを外してつぼ足で歩く。そんなに深く埋まりはしないのだが体力を消耗する。こんなとき、シールの着脱が簡単にできればなとつくづく思う。そのあと、登り返しを避けるため左側の斜面をトラバースして登りのトレースに合流、メロメロ状態で最後の斜面を滑り降りた。

s-IMGP2977.jpg
(駐車場までが遠いです)

反省することが多く、そして勉強になることも多かった山行だった。また、ニセコでの良い感触がスキーゲレンデだけのものであったことも痛感した。

天幕山
(ピークまで微妙に離れている。ちょっとずれている箇所は登り返しを避けたトラバース)

〔コースタイム〕
駐車場10:10 尾根取付き10:20 送電線下11:20 730P11:45 林道横断12:25 天幕山13:35
天幕山13:45 林道横断14:15 730P14:35 送電線下14:45 尾根末端15:00 駐車場15:10

(たかたか記)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。