無意根大橋~中岳

平成27年2月22日(日) 晴れ 中岳(無意根大橋コース)

ここのところ春山のような陽気が続いていて、国道230号線もまったく雪がない。普通ならこのまま春を迎えてほしいと思うところであるが、登山者の立場から言うと雪山シーズンをもっともっと長く楽しむために今は春の訪れを歓迎しない。
今回、リーダーのS水さんとM村さんのリべンジとなる無意根大橋から中岳への山行に参加させていただいた。以前、中岳にはに喜茂別岳から無意根山への縦走で通過したことがあったが、、無意根大橋からのアプローチはピークまで約10kmの距離があり、なかなか手ごわいコースである。

s-IMGP4917.jpg
(風雪に耐えてきた中岳)

登山口の無意根大橋の手前のいまどき珍しい公衆電話のある広々とした駐車スペースに車と止める。朝7時は我々だけだった。このコースの半分は林道歩きで、晴れ日が続いたおかげでラッセルはまったくない。スキーのトレース跡も見当たらないので、ここしばらくこのコースにきた登山者はいないようである。約1時間ほど歩いて一本目の送電線下にくる、ここまででまだ3分の1にも満たない。更に進みと林道の分岐があり、右側に進んでいくと斜面が崩れたためなのか林道の痕跡がなくなり、左側に尾根に取り付いて905Pまでくると真っ白な台形の無意根山が見える。

s-IMGP4905.jpg
(905P付近にきてやっと見晴らしがよくなりました)

ここからだだっ広い尾根をひたすら高いところを目指して歩く。傾斜はほとんどないが、後ろの二人から追い立てられるように歩き疲れが徐々に溜まってくるころ、M村さんの疲れた休もうという声に助けられ1052Pの手前で休憩をとる。ここでピークまで約3分の2である。この付近から中岳の姿が見え始める。

s-IMGP4910.jpg
(無意根山が見えます、左側には喜茂別岳があります)

1052Pを過ぎてちょっと急な斜面を登りきると森林限界を過ぎ真っ白い大平原となる。まったくの快晴で目指すピークを目で確認しながらの登りではあるが、急な天候悪化に備えルート旗を指しながら進む。そして最後の急斜面を登りきると目の前に中岳が現れる。この付近の雪面は強風によりシュカブラ状態になっているが、スキーアイゼンを必要とするほどの傾斜ではない。

s-IMGP4915.jpg
(中岳までもうすぐ)

中岳に到着すると横殴りの強風が吹き荒れて、僅かな時間の滞在であったが、頬の神経が感じなくなるほど冷えてしまった。中岳のピークで記念撮影しすぐにシールを剥がして退散する。スキートレースはほとんど残っておらず、下山はついつい稜線上を辿ってしまい登ってきたルートと外れてしまったため、天気が良いのにルート旗1本を回収することができなかった。その辺りから登りには無かったたくさんのスノモーのトレースが残されていた。森林限界地点まで降りて食事の小休止をとった。

s-IMGP4920.jpg
(中岳の岩に張り付く雪)

1052P付近が唯一の登り返し地点、ここを過ぎればあとは林道も含めてスキーに優しいなだらかな斜面が登山口まで続き、あっという間にいつもの山行よりも早い時間に下山した。来たときに誰もいなかった駐車スペースにスノーモービル用の車が何台も止まっていた。

s-IMGP4922.jpg
(やっと戻ってきました、結構疲れました)

〔コースタイム〕
無意根大橋7:00 一本目送電線下7:50 905P8:40 1052P9:40 中岳10:55-11:20 
Co1085(食事休憩)11:35-11:50 905P12:25 無意根大橋13:00

中岳20150222
(総距離約20kmのロングコースです)

by たかたか
スポンサーサイト

盤渓山周辺スノーシューハイク

平成27年2月7日(土) 晴れ 盤渓山周辺スノーシューハイク

盤渓山の先にある三角山に行きたいというので、そのリクエストにお応えしてスノーシューハイクを計画した。コースは、盤渓市民の森入口をスタート、反時計回りに盤渓山を目指し、そこから奥盤渓山を通過して砥石山への登山道に合流し三角山に行く。この時点で時間と体力に余裕があれば砥石山に行ってもよい。帰りは小林峠への登山道を伝って435Pを過ぎた辺りから左側の尾根を下り出発点に戻るという距離にして7km弱の周回コースである。

トラックログ

五天山駐車場に8時に集合し、K川さん、H場さん、A下さん、H生さんをに乗せて私の車で登山口に移動する。盤渓市民の森入口は駐車スペースに限りがあり、かろうじてぎりぎりで駐車することができた。

スタートして盤渓市民の森の沢沿いを進む。ここ最近雪が降っていないため、しっかりとトレースが残り、しばらくはそのトレース跡を辿り、途中からトレースを外れて盤渓山に通じる尾根に取りついた。静けさの中に鳥が木をつつく音が響く。先頭のK川さんはジグを切りながらなるべく労力をかけないように登っていく、次に先頭を交代したH生は直登を目指し、メンバからブーイングを受ける。人それぞれ登り方にも特徴がある。

これから尾根に取りつくところ
(トレースを外れて尾根に向かう)

稜線に出ると雪面はクラスト化し、K川さんはスリップするスノーシューを外してツボで登っていった。スノーシューにも多くの種類があるが自分の持っているMSRは最強である。気温も上がり汗をかきながら盤渓山に到着した。

木漏れ日
(このとき額に汗して登ってるんですが、写真はいたってCoolです)

ここまででやっと3分の1、少し休憩し次なる目標奥盤渓山に向かって下り、下った分+ちょっとをまた登り返す。奥盤渓山では盤渓山で会ったボーダーがお湯を沸かして休んでいた。彼は果たしてどこかボードで滑ることはできたのだろうか。

盤渓山と奥盤渓山とのコルにあった国際結婚の木
(2本の木が寄り添っています、H生さんが国際結婚の木と命名しました、杉とダケカンバなのですが?)

山菜採りの話で盛り上がってから次の目標三角山を目指す。ちょっと進むと砥石山登山道の稜線に合流する。ちょうどそのとき下から単独の人が登ってきたのが見えた。この付近は雪庇が張り出し下から稜線に出るのに苦労するところである。その人は三角山で我々を追い抜いて砥石山に向かっていった。

三角山山頂の笑顔
(三角山で記念撮影、ここで行動停止としました)

最後急な斜面の登りで三角山に到着した。目の前に砥石山があるがかなり遠くに見え、時間的にも気力的にも潮時であったため、ここで行動停止とした。お天気に恵まれ遠くまで見通しが利いた。

のぼり返しがキツイ
(下山路の登り返し)

後は下山、支尾根が多いので案外とルートファインディングが難しいのだが、小林峠からのトレースがあったので、しばらくはその跡を追った。2か所ほど登り返した先から登山口に向かう尾根に進路をとり、なだらかな斜面を下りるとドンピシャ登山口に到着した。終始お天気に恵まれ、気分も最高のスノーシューハイクだった。

〔コースタイム〕
登山口8:30 盤渓山10:15 奥盤渓山11:20 三角山11:55 中の沢コース分岐点13:00 435P13:30 登山口14:00

by たかたか

羊蹄山墓地の沢コース

平成27年2月1日(日) 雪 羊蹄山墓地の沢

M井さんをリーダとして、Oさん、A藤さんと私の4名で羊蹄山墓地の沢コースに行ってきました。山スキー3年目ではじめての羊蹄山です。しかし天気予報では大雪、集合場所の豊滝センターに着くと案の定吹雪の様相になっていました。しかし、うれしいことに真狩に近づくにつれて雪は小降りとなり、天気予報は見事に外れました。


(先に来ていた人たちは神社の沢コースに向かいました)

最終除雪地点から林道を進み墓地を通り過ぎてひたすらまっすぐ進んでいくと、やがて右側の沢に堰堤が現れてきます。沢に沿って進んでいくと今度は左側にも沢が現れ、だだっ広い裾野も細かな沢が入り組みかなり注意が必要です。そういうこともあり、等間隔に赤テープをつけながら進みました。


(なだらかな斜面を登っていきます)


(本日の行動停止地点です)

標高を上げるにしたがい徐々に雪や風が強くなってきたので、登り始めて2時間弱のCo800付近で行動停止となりました。さて滑走開始、圧雪面に15センチほどのパウダーは、大した斜度でなくともとても気持ちよく滑ることができます。トレースから離れないようにしながら、疎林の中を自由に滑り降り、登り返しもなく30分ほどであっという間に駐車地点に戻りました。


(墓地の入り口を振り返る)

今回はCo800m付近からの滑走でしたが、雪質が最良でとても気持ちよく滑ることができました。
なるほど、多くの山スキーヤーが集まるということが実感できました。



〔コースタイム〕
8:25駐車場発 10:20行動停止(800m弱地点) 10:25下山開始 11:05駐車場着
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス