スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三等三角点の美笛に行ってきた

平成29年10月1日(日) 三等三角点 美笛(880m)

秋の装いが深まりつつあるこの時期は、沢山行もそろそろ終わりに近づいている。
そして今回、S水さんをリーダーとするM子さんご一行、総勢6名で三等三角点美笛を目指して再び豊平川本流に行ってきた。


(ダム滝、前回よりも水量が多かった)

ダム風の滝を過ぎて右岸2つ目の支流の先に三角点美笛がある。豊平川の最上流にあり簡単に近づくことができないこと、ピークに特徴があるわけでもないこと、標高が1000mに満たないこと等からここを目指そうとする人は少ない。


(入渓して2つ目の支流を進む、ここもナメの連続)

この付近の豊平川本流はナメが延々と続き、それを見るだけでも価値がある。分岐する沢を地形図を片手に読図をしながら遡行し、水量が減ってきた辺り(Co830)で三角点に向けて尾根に取り付いた。最初こそ笹の薄い沢形を行くが、尾根に近づくにつれて笹は高密度になってくる。藪漕ぎ開始から約1時間弱、GPSを頼りに三角点付近に近づくが、残念ながら石標を見つけることはできなかった。木によじ登り、かろうじて小漁山を確認することができた。


(藪に覆われて何も見えない美笛ピーク、その先にメンバがいるはずだが見えない)

下山は登ってきたルートと反対側の西斜面を下った。こちらも高密度な根曲り竹をかき分け、踏みつけしながら辛抱強く進むとやがて沢形に出てホッとする。狭い枝沢から広々とした支流沢に合流すると、ゴールはもうすぐである。


(下りの涸れ枝沢)

ダム滝を過ぎると、渓流釣りをしている若い3名の男女と出会った。釣果は芳しくないとのことだった。そして帰りの林道では車2台、バイク1台と行き違った。この林道もずいぶんと利用させてもらったが、今年はもう来ることはないだろう。


(反時計回りに周回)

車止め9:00出発、11:30三角点到着、12:00下山開始 14:00下山完了

スポンサーサイト

紅・紅・黄・緑・白の大雪ぅ~~

今年の紅葉は当たり年らしい。で、紅葉を見に大雪へ
実は今までまともに大雪の紅葉を見たことがなかった。
このあたりの時期に行った気もするが、紅葉ど真ん中ではなかったからか、その年の紅葉がダメだったのか、とにかく写真でしか見たことがなかった真っ赤な山岳紅葉。
今回はやっと燃えるような紅葉に出会えた

初日、高原沼めぐり。

行ったことなかった高原沼めぐり。登山口となるヒグマ情報センターでレクチャーを受けて出発。平坦かと思ったら、少しずつ登りとなる。下の楓はまだ紅葉していなく、ところどころ黄色。
ヤンベ温泉分岐を過ぎ、巨大化した水芭蕉をた~くさん超えて沼へと進む。

滝見沼(滝は見当たらない・・・) 
IMG_6048.jpg

緑の沼全景 (クリックすると写真が大きくなります)
IMG_5995.jpg

同じく緑の沼・ここは紅葉の名所らしい。確かに美しいし、水面に映る景色もビューティホー
IMG_6042.jpg

大学沼からみる東方面
IMG_6013.jpg

途中から見えてくる高根ヶ原
IMG_6006.jpg

緑岳斜面の紅葉も紅い
IMG_6018.jpg

シャトルバスはまだ運行されていないので、駐車場は大混雑。道路脇に駐車。
昨年の大雨で道が崩れて右回りで高原沼手前までしか行けない。
比較的楽な道歩きでこれだけの紅葉に出会えるのはさすが紅葉の名所、大混雑になるのも無理からぬことで、出かけるときはその辺をよ~く考えてから。




次の日は赤岳~黒岳
朝6時層雲峡発の定期運行バスに乗って銀泉台へ。
始発のユースホステル前バス停に20分前に行くと既に並んでいて16番目。
その後も人が来て、始発の段階で6割ほどの席は埋まってしまった。
層雲峡バスセンター前も長蛇の列で、その段階で59名。勿論立っている人もたくさんいる。

この時期は銀泉台はシャトルバスの運行になっているので、通常は直通のこの定期バスもいったんレイクサイドに寄る。
しかし、これ以上乗せられないとの判断で結局はこのまま銀泉台へ。
レイクサイドの駐車所は既に7割ちかく埋まっているような感じ。

銀泉台着いて入山届けに記帳。係の方が「今年の紅葉はいいよ~最高だよ!!」と嬉しそうに案内している。
今日第2便となるこのバス、1便目のバスも、満員だろうから・・・これでもう120人ほどの入山。
30分おきのレイクサイドからのバスでこの先いったい何人銀泉台から入山するのか・・・

あ~、とっとと行かなくちゃ。

ところが、第一花園が見えるあたりにくると、紅葉が紅くて・・・足が前に進まない。
 (クリックすると写真が大きくなります)
IMG_6061.jpg

一部拡大すると
IMG_6063.jpg

少し進んで第一花園からの景色  (クリックすると写真が大きくなります)
IMG_6071.jpg

一部拡大
IMG_6072.jpg

みんな足を止めて写真をとったり、見とれたり、なかなか足が進んでいかない。

第一雪渓を超えて
IMG_6082.jpg

奥の平へ。
IMG_6087.jpg

IMG_6093.jpg

コマクサ平を超え、第三雪渓へ。このあたりが一番良かったように思う。
回り込んだ先から見える景色。
IMG_6114.jpg

燃える色の中、ルート中一番の登りを
IMG_6133.jpg

ナナカマドの微妙に色が異なる紅とオレンジ色が・・・なかなかスマホでうまく取れない
IMG_6136.jpg

赤岳のP到着。縦走のルートは残念ながら紅葉を終わっているようだ

白雲分岐へ向かう途中、雲海の上に顔を出した忠別岳とトムラ
IMG_6160.jpg

北海岳へと向かう縦走ルートは既に紅葉は終わっていたが、少し高度が下がったあたりの斜面は綺麗に紅葉していた。
自然って正直だな~
さすがにお花はないので、ちょっと火山帯のような道をザクザク進む。
ここに入るとさすがに人が少ない、静かな歩きが楽しい

このルートを歩くととても目を引く烏帽子岳。
キナバルの看板ピークのサウスピークに似ている、かっこいい
IMG_6176.jpg

北海岳に到着。
お鉢の紅葉はちょっと終わりかけで、黒っぽい。 (クリックすると写真が大きくなります)
IMG_6187.jpg

北海沢付近の紅葉はまだ綺麗に色づいていた。
黒岳方面
IMG_6241.jpg

北海沢付近拡大。
IMG_6230.jpg

北海岳を下る途中から見上げた斜面
IMG_6267.jpg

黒岳石室付近の紅葉は少し遅いように感じた。
山頂へ登ると人がゴッサリ。
とっとと下ろうと思ったら、一列に並んで進まない、進まない
無理に追い越しても危ないだろうな~(私ではなく、追い越された方がバランス崩しそうで・・)と、かといって譲ってくれるわけでもなく、自分のことで手いっぱいという感じ。
覚悟を決めて流れのまま~~ゆるゆる下る。

そんな中、黒岳からの下り、マネキ岩付近の紅葉はすぐ間近で圧巻の色だった。
IMG_6303.jpg

二日間、これぞ山の紅葉という風景を満喫しました
今年の紅葉は例年より早いようで、ちょうどピークか、2000メートル付近は既に終わりかけている状況でした。
係の人が今年は最高と言っていたのはそうだったのでしょうね。
スマホできれいに撮れても、ソフトが違う会社でパソコンに取り込むと色が綺麗に出ないのが残念。
やはり、現地で見るのが一番です。

昨年はお花の時期に、今年は同じルートを紅葉の時期に歩きましたが、同じルートでも印象は全く違いました。
どちらも捨てがたく、結構気楽に日帰りできる良いルートです

来年は・・・時期が合えば、銀泉台から高原温泉に抜けてみようかしらん?
シャトルバスがあるからこそできる北海道の屋根大雪のるんるん縦走、あなたもいかがでしょう?

ただ、紅葉の時期、人人人は覚悟してください。ふぅ~~・・・

  J子










札幌市民の水がめ 豊平川の源流を求めて

平成29年9月16日(土) 豊平川本流

先々週の北漁山でこの付近の林道が整備されていることが分かり、それならばということで豊平川林道の奥まで車で入り、豊平川本流に行ってきた。札幌近郊の林道ゲートには通常鍵が掛けられているが、ここはなぜか鍵が開放されていることが多い。戻れなくなるかもしれないというリスクを覚悟してゲートを通過する。

入渓地点となる橋までの約20キロ強を車で走る。通常では考えられない駅逓の沢方面への道迷いもあったが、林道は案外と整備されていて草が被っているところもなく、車の通行にはほとんど支障はないが、転がっている石を避けながらの通過となるためスピードは出せず、約20キロに1時間以上かかった。


(準備する同行のHさん、N野さん、J西さん)

豊平川を渡る橋のたもとに駐車し、左側に並行している作業道を進んだ先の枝沢から入渓となったが、橋から300m付近から右側につながっている踏み跡をたどった方が楽である。


(ここのトレードマークというべき、ダムのような滝)

入渓してちょっと進むとダムのような滝が現れる。水が切れている個所を選んで上がると沢の様相は一変し広々としたナメが現れ、それが延々と約2キロほど続く。クワンナイのようだと皆は言うが、残念ながら自分はまだクワンナイに行ったことがないので、較べることはできないが、他と比べる必要のないすばらしいさ景観である。しかし、傾斜がほとんどないためいくら歩いても標高をまったく稼ぐことができないのが玉に瑕である。

ずっとつづくナメ
(ナメがずっとつづく)

IMGP7179.jpg
(Co860二股、ここまで2時間)

そして約2時間をかけてやっと標高860の二股に到着、ここから左股を進んでいくと本日唯一の10m弱の滝が現れる。直登できそうではあったが、安全のためすぐ左側の笹薮から高巻いた。そして高度を稼いでいくとやがて水が枯れてくる。


(豊平川の源流、最初の1滴)

沢形はまだ続いていたが1060付近に藪に入っていく踏み跡があったため、我々もそれに倣って藪に突入、約25分の藪漕ぎで1128のピークに到着した。ピークはかなりの細尾根となっていて、周囲は笹薮ではあるものの、うっかりと足を滑らせるとかなり下まで滑落しそうで、神経を遣いながら10分ほどの休憩をとった。ここから見えるオコタンペ湖のエメラルドグリーンと手前の沼の色が対照的だった。


(オコタンペ・グリーン)

IMGP7185.jpg
(ピークで記念撮影)

下山は、一本西側の沢を目指して下降、最初のところはかなりの傾斜であったが笹につかまりながら恐る恐る下る。途中からは笹が足に絡まりそれを外しながら約100mほどを20分かけて沢形まで下降し人心地つく。そして、そこから20分ほどで860の二股に到着した。

IMGP7193.jpg
(755の枝沢の様子を探検)

ここからの下りが長い長い。いくら歩いても景色が変わらず、ダラダラ歩きの末やっとナメ地帯が現れ少し元気も回復してくる。途中の755二股の左股の沢が面白い景観だったので、ちょっと様子を見てきた。その先には美笛という名前の三角点がある。

IMGP7197.jpg
(まだ、はしゃぐ余裕あり)


(GPSログ 登り4時間、下り3時間)


(J西さん撮影の動画に自分で演奏した音を重ねてみました)

ちょっと楽しい稜線、恵庭岳西峰

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

何故かのんびりと湿原見たくなって・・雨竜沼湿原から南暑寒岳

暑くってイヤんなっちゃうので、涼しげな高原歩きでもしようかと、雨竜沼湿原から南暑寒岳へ。

湿原がもうそこだという雰囲気は何となく開けてくる地形で感じる。
ほら、でたでた、湿原だよ。
IMG_5246.jpg

花はどうかと思ったら、湿原は青の花々に・・・
至る所に咲いていたタチギボウシと
IMG_5304_20170730162528afb.jpg

エゾノサワアザミ
IMG_5275.jpg

白はナガボノワレモコウ
IMG_5433.jpg

そして大好きなエゾクガイソウに
IMG_5324.jpg

ピンクはこれも大好きなエゾノシモツケソウ!!ふわっふわっだね~
IMG_5437.jpg

ウリュウコウホネ、こんなちっちゃいのはスマホでは残念ながらなかなか写らない。
IMG_5338.jpg

そして、これもちっちゃくてかわいらしいヒツジグサ、まるで水玉みたいだね。
IMG_5481.jpg

Pの近くに見つけたミヤマホツツジ
IMG_5399.jpg

一株見つけたチシマヒョウタンボク・・・だよね~?
IMG_5383.jpg

天気が良くて景色はとっても良かった。
Pから見る暑寒別岳、縦走と小さな池塘・・あっ写ってないし(汗)
IMG_5421.jpg


南暑寒と暑寒別岳
IMG_5462.jpg

木道は続く続くまっすぐだ!!
IMG_5469.jpg





お花の群落っぽいところを追加
IMG_5457.jpg


IMG_5327_20170730164220640.jpg


IMG_5321.jpg


IMG_5319.jpg


IMG_5326.jpg


IMG_5370_20170730164220470.jpg




南暑寒は過去にも行ってるのに、全然記憶になかったのは天気が良くなかったのかもしれない。
今回はバッチリ見えて、南暑寒は雨竜町だけれど、日本海に近くて黄金山があらご近所だったのね~ってな位置関係がとっても良くわかって、なんだか新鮮だった。

青くひろびろとした湿原は目にも心にもさわやかエアコン。
IMG_5382.jpg

今回は青の花々に癒されました。
この花も、あと1週間ともたないでしょうね・・・
また、来年。

BY J子
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。